ドローン初心者からの脱却

ドローンの基礎知識をまとめています

ドローン初心者におすすめな機種

「初めて買うドローンは何がいいのか?」、ドローンビギナーなら考えると思います。

ドローンにかなり詳しい友達でもいれば一番手っ取り早いのですが、そんな人はそうそういませんよね。

私が調べたところ、DJI社製のTelloというトイドローンが人気なんだそうです。

ドローン おすすめ機種出典: 写真AC

DJI社は、2005年創業の中国広東省深圳にある民生用ドローン、及び、その関連機器のメーカーで、ビギナー向けドローンから産業用に使用する大型ドローンまで幅広いラインナップを取り揃えているといいます。

世界で流通している7割のドローンはDJI社製だそうです。Telloは、DJI社の公式サイトを見ると、12,980円とかなりお手頃なプライスで買えます。

Telloは、機体の総重量が80gとかなり軽いのが特徴です。重量が200g以下ということで、航空法による規制の対象も受けません。

軽いため、外で飛ばすと風の影響を受けやすいのが難点ですが、風が弱いときなら問題ないようですね。カメラも搭載されているので、写真や動画撮影もできます。

なお、Telloはプログラミングにも対応しており、自分でプログラムがいじれる人は設定した飛行プログラムで飛ばすともできるそうなんです。

ちなみにこのドローンはマーベルコミックで有名なアイアンマンとコラボしており、アイアンマンバージョンも用意されていました。

また、Parrot社製のMamboというモデルも人気のようですね。Parrot社はフランスのメーカーで、ヨーロッパでのドローンシェア率はトップだそうです。

ビギナー向けのリーズナブルなドローンからプロ用のものまで製造していますが、フランス製だけに機体のデザインはユニークでおしゃれなものも多そうですね。

このMamboですが、重さは何と63g!超軽量のドローンです。

このローンの魅力は何といっても汎用性の高さみたいで、付属のアクセサリーを装着すると、物を掴んだり、ボールを発射したり、様々なアクションが楽しめます。

トイドローンとはいえ、「3軸ジャイロスコープ」や「超音波センサー」などの高度な機能を搭載しています。機体には30万画素のカメラを搭載。

動画撮影もできるので、気軽に空撮が楽しめそうですね。ではでは。

ドローン購入の仕方、注意点

テレビで見たドローン特集でドローンに興味をもって、いつかは自分もドローンを飛ばしてみたいと思ってからしばらくたちます。

まだ自分のドローンは持っていませんが、今度のボーナスでマイドローンを買おうかと、実は密かに計画しています。

それまでにドローンのことをいろいろと調べて、自分に合った機体を買おうと思っていますが、まずは、ドローンをどうやって手に入れるかが問題ですよね。

一般的には、ビックカメラやケーズデンキなどの大手家電量販店での購入でしょうか!?幸い近所にお店があって、家電を買ったりするときに利用しています。

お店にドローン専属の販売員がいるかはわかりませんが、販売員さんならそれなりの知識はあると思うので、わからないことをいろいろ聞けそうです。

出典: 写真AC

また、ドローンの実機が展示してあれば、サイズ感なども実際に目で見て確認することもできますからね。体験飛行とかも出来れば最高です。

その他には、ネットのECサイトをはじめ、楽天市場、Amazon、さらには、ドローン専門のサイトから購入するという方法もあります。

こういった通販サイトは、レアな商品を含め品揃えが豊富なのが特徴ですし、機能や価格順などでソートできるので大変便利です。

ただし、リアルのお店ではないので、実機が見られないという点がネックです。

実店舗で商品を確認し、ショールーミングするという方法もありますが、実際に買いたいドローンが通販サイトなどに置いてあるとも限りません。

その他にも、ビギナーにとって少しハードルは高くなりますが、メルカリやヤフーオークションなどを利用して個人的にドローンを購入する方法。

さらには、海外サイトを利用して個人輸入する方法もあります。不安なのは、もし安くドローンが買えても保証などの問題もあるので、当たり外れがあるような気がします。

何はともあれ、はじめは自身に見合ったドローンを選ぶべきだと思います。私の場合、まずはトイドローンがちょうど良さそうです。

だって、自動車の免許を取ったばかりの人にいきなり高性能のスポーツカーで峠を攻めろと言っても無理なように、ドローンの操縦経験がない人が、高額な機体を買っても十分に使いこなすことはできないですからね。

トイドローンなら、飛ばす感覚をつかむためには十分だと思いますし、誤って墜落させてしまっても、ダメージは少なくて済みますからね。ではでは。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén