ドローン初心者からの脱却

ドローンの基礎知識をまとめています

ドローンスクールについて

ドローンのパイロットや操縦士になるためには、今のところ、免許や国家資格などは特に必要ありません。対外的に公表できるプロのドローン操縦士の条件というのは、そのスキルや実務の経験になります。

なお、国土交通省の許可承認が必要な「航空法による規制を外す申請」は、およそ10時間以上のドローン飛行経歴が必要ですからね。

個人でドローンの飛行練習をする場合、ドローンの扱い方から操縦方法、練習場所の確保まで基本的に全部自力で行わなければなりません。

そのため、プロのドローン操縦士になりたいなら、ドローンスクールで知識と技術を学んだ後に認定試験に合格するのが一番手っ取り早いと思います。

ドローンスクール出典: 写真AC

昨今はビジネス界において、ドローンの可能性が認知されてきており、ドローン操縦士の需要が年々高まってきています。

それに比例して、ドローンスクールも年々増え続けているんです。

ドローンスクールは、スクールごとにそれぞれのカラーがあります。必要なコストをはじめ、卒業後のサポートなど千差万別です。そういうわけで、ドローンスクールを選ぶ際に重要とされるポイントを調べてみたので紹介しますね。

まず、「eラーニングを導入」しているドローンスクールというのは比較的リーズナブルな料金で受講することができる傾向にあります。

ただ、スクールによっては練習用のドローンや知識を磨くためのテキストが授業料とは別に発生する場合もあるので、事前に確認しておくのがいいと思います。

技術を身につける意味で、ドローン操縦の実技時間も重要なポイントになります。スクールによって、講師や講座内容もさまざまですが、座学ばかりで、実技が少ないと、せっかくお金を払ってスクールに入った意味がありませんからね。

テキストは自分でいくらでも勉強することはできても、実際のドローンを飛ばすのは、技術のある講師にきちんと教えてもらった方が身に付きます。

認定試験やビジネスの現場ではドローンの操縦のテクニックがとても重要です。そのため、実技の時間をなるべく多くとっているドローンスクールを選ぶべきでしょう。

これらのポイントを踏まえ、卒業後にかかる認定試験の受験費用やドローンの費用なども含め、自分の予算に合ったスクール選びをしましょう。

なお、ドローンスクールの選び方については、私も参考にしました「sky-college」というサイトがとても分かりやすく解説しております。

ドローンスクールに興味のある方は是非参考にしてみてくださいね。

ドローンの資格について

ドローン関連の資格には様々な種類があります。

「ドローン検定」、「JUIDA」、「DPA」、「DJI JAPAN」の認定資格など、ドローン業界の歴史はまだ浅いですが、たくさんの資格が存在しますからね。

中でも資格認定者数が最も多いのが「ドローン検定」です。

正式名称は「無人航空従事者試験」といい、ドローンを取り扱うパイロットの知識レベルを客観的に評価して、ドローンの資質向上、及び周囲の人々への理解を広めることがこの検定の目的なんだそうです。

その背景には、ドローンに対して世の中の人々が持つネガティブなイメージ払拭し、適切に普及していくために議論がなされこの検定が作られたといいます。

ドローン 資格出典: 写真AC

ドローン検定には1級から4級まであって、全国で受験することができるので、一回の検定で1,000人以上が受験していて、3級の受験者が一番多いようです。

ドローン検定は資格を取得することで得られるメリットがあります。例えば200g以上のドローンを使用したいときや飛行禁止区域での飛行を計画しているときです。

航空法の範囲外でドローンを飛ばす場合には、必ず国土交通省へ申請をして許可を得なければ違反になってしまいますからね。

申請書にドローン検定の資格取得証明書を添付することによって、ドローンに関係する基礎的な知識がすでに備わっていることの証明ができるのです。

なお、ドローン検定の合格者は、提携団体等の講習時の座学や国土交通省が認定した基礎技能講習における座学がすべて免除されるそうです。

基礎技能講習とは、ドローン検定4級以上の合格者を対象に行われます。受講料は6万9800円かかるそうです。結構するんですよね。

この講習では、ドローン操縦の基本的なルールや技術、安全に操縦するための技能などが身につけられるのですが、受講料には、テキスト代やライセンス発行代、機体レンタル代なども含まれているようです。

そうなると、6万9800円は妥当なところかもしれませんね。ではでは。

ドローン初心者におすすめな機種

「初めて買うドローンは何がいいのか?」、ドローンビギナーなら考えると思います。

ドローンにかなり詳しい友達でもいれば一番手っ取り早いのですが、そんな人はそうそういませんよね。

私が調べたところ、DJI社製のTelloというトイドローンが人気なんだそうです。

ドローン おすすめ機種出典: 写真AC

DJI社は、2005年創業の中国広東省深圳にある民生用ドローン、及び、その関連機器のメーカーで、ビギナー向けドローンから産業用に使用する大型ドローンまで幅広いラインナップを取り揃えているといいます。

世界で流通している7割のドローンはDJI社製だそうです。Telloは、DJI社の公式サイトを見ると、12,980円とかなりお手頃なプライスで買えます。

Telloは、機体の総重量が80gとかなり軽いのが特徴です。重量が200g以下ということで、航空法による規制の対象も受けません。

軽いため、外で飛ばすと風の影響を受けやすいのが難点ですが、風が弱いときなら問題ないようですね。カメラも搭載されているので、写真や動画撮影もできます。

なお、Telloはプログラミングにも対応しており、自分でプログラムがいじれる人は設定した飛行プログラムで飛ばすともできるそうなんです。

ちなみにこのドローンはマーベルコミックで有名なアイアンマンとコラボしており、アイアンマンバージョンも用意されていました。

また、Parrot社製のMamboというモデルも人気のようですね。Parrot社はフランスのメーカーで、ヨーロッパでのドローンシェア率はトップだそうです。

ビギナー向けのリーズナブルなドローンからプロ用のものまで製造していますが、フランス製だけに機体のデザインはユニークでおしゃれなものも多そうですね。

このMamboですが、重さは何と63g!超軽量のドローンです。

このローンの魅力は何といっても汎用性の高さみたいで、付属のアクセサリーを装着すると、物を掴んだり、ボールを発射したり、様々なアクションが楽しめます。

トイドローンとはいえ、「3軸ジャイロスコープ」や「超音波センサー」などの高度な機能を搭載しています。機体には30万画素のカメラを搭載。

動画撮影もできるので、気軽に空撮が楽しめそうですね。ではでは。

ドローン購入の仕方、注意点

テレビで見たドローン特集でドローンに興味をもって、いつかは自分もドローンを飛ばしてみたいと思ってからしばらくたちます。

まだ自分のドローンは持っていませんが、今度のボーナスでマイドローンを買おうかと、実は密かに計画しています。

それまでにドローンのことをいろいろと調べて、自分に合った機体を買おうと思っていますが、まずは、ドローンをどうやって手に入れるかが問題ですよね。

一般的には、ビックカメラやケーズデンキなどの大手家電量販店での購入でしょうか!?幸い近所にお店があって、家電を買ったりするときに利用しています。

お店にドローン専属の販売員がいるかはわかりませんが、販売員さんならそれなりの知識はあると思うので、わからないことをいろいろ聞けそうです。

出典: 写真AC

また、ドローンの実機が展示してあれば、サイズ感なども実際に目で見て確認することもできますからね。体験飛行とかも出来れば最高です。

その他には、ネットのECサイトをはじめ、楽天市場、Amazon、さらには、ドローン専門のサイトから購入するという方法もあります。

こういった通販サイトは、レアな商品を含め品揃えが豊富なのが特徴ですし、機能や価格順などでソートできるので大変便利です。

ただし、リアルのお店ではないので、実機が見られないという点がネックです。

実店舗で商品を確認し、ショールーミングするという方法もありますが、実際に買いたいドローンが通販サイトなどに置いてあるとも限りません。

その他にも、ビギナーにとって少しハードルは高くなりますが、メルカリやヤフーオークションなどを利用して個人的にドローンを購入する方法。

さらには、海外サイトを利用して個人輸入する方法もあります。不安なのは、もし安くドローンが買えても保証などの問題もあるので、当たり外れがあるような気がします。

何はともあれ、はじめは自身に見合ったドローンを選ぶべきだと思います。私の場合、まずはトイドローンがちょうど良さそうです。

だって、自動車の免許を取ったばかりの人にいきなり高性能のスポーツカーで峠を攻めろと言っても無理なように、ドローンの操縦経験がない人が、高額な機体を買っても十分に使いこなすことはできないですからね。

トイドローンなら、飛ばす感覚をつかむためには十分だと思いますし、誤って墜落させてしまっても、ダメージは少なくて済みますからね。ではでは。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén