ドローンのパイロットや操縦士になるためには、今のところ、免許や国家資格などは特に必要ありません。対外的に公表できるプロのドローン操縦士の条件というのは、そのスキルや実務の経験になります。

なお、国土交通省の許可承認が必要な「航空法による規制を外す申請」は、およそ10時間以上のドローン飛行経歴が必要ですからね。

個人でドローンの飛行練習をする場合、ドローンの扱い方から操縦方法、練習場所の確保まで基本的に全部自力で行わなければなりません。

そのため、プロのドローン操縦士になりたいなら、ドローンスクールで知識と技術を学んだ後に認定試験に合格するのが一番手っ取り早いと思います。

ドローンスクール出典: 写真AC

昨今はビジネス界において、ドローンの可能性が認知されてきており、ドローン操縦士の需要が年々高まってきています。

それに比例して、ドローンスクールも年々増え続けているんです。

ドローンスクールは、スクールごとにそれぞれのカラーがあります。必要なコストをはじめ、卒業後のサポートなど千差万別です。そういうわけで、ドローンスクールを選ぶ際に重要とされるポイントを調べてみたので紹介しますね。

まず、「eラーニングを導入」しているドローンスクールというのは比較的リーズナブルな料金で受講することができる傾向にあります。

ただ、スクールによっては練習用のドローンや知識を磨くためのテキストが授業料とは別に発生する場合もあるので、事前に確認しておくのがいいと思います。

技術を身につける意味で、ドローン操縦の実技時間も重要なポイントになります。スクールによって、講師や講座内容もさまざまですが、座学ばかりで、実技が少ないと、せっかくお金を払ってスクールに入った意味がありませんからね。

テキストは自分でいくらでも勉強することはできても、実際のドローンを飛ばすのは、技術のある講師にきちんと教えてもらった方が身に付きます。

認定試験やビジネスの現場ではドローンの操縦のテクニックがとても重要です。そのため、実技の時間をなるべく多くとっているドローンスクールを選ぶべきでしょう。

これらのポイントを踏まえ、卒業後にかかる認定試験の受験費用やドローンの費用なども含め、自分の予算に合ったスクール選びをしましょう。

なお、ドローンスクールの選び方については、私も参考にしました「sky-college」というサイトがとても分かりやすく解説しております。

ドローンスクールに興味のある方は是非参考にしてみてくださいね。